2007年05月05日

第3章「封印装置防衛」

5/6 完成

****************************

惑星モトゥブの西クグ砂漠で

凶暴化した原生生物が封印装置付近で暴れているらしい。


ミーナ、アジム、シリア、サブ、アーシュラは

封印装置を破壊されないように原生生物の駆逐に向かった。




第二部

第3章

「封印装置防衛」


van1.jpg

van2.jpg

van3.jpg

van4.jpg

van5.jpg


この後、サブにアイアンクローで締め上げられたとか・・。


*****************************


珍しく戦闘シーンを描きました(・ω・)


ミーナは基本だれとでも仲良くなれるキャラなので、

アーシュラとも息が合うんですw


****************************


さてと、明日なにしようかな・・・。

GWが終わる?


まさか・・・

            そんなはずはあるまぃ・・・
この記事へのコメント
ミーナのセクシーショット!
色気があるのかないかは別として、サブがいいキャラ出してますね!(アレ?)
Posted by 東王 弁慶 at 2007年05月05日 12:22
色気がある絵は難しいですよね。
露出度が高いとかえって服で誤魔化せないし・・・そういう意味では終止水着のサブって凄い(えー)

と言うかシールドラインどーなってるんだ?(アレがあるから下着やら水着でも一応戦えるのに・・・
故障?装備し忘れ?)
Posted by PT零 at 2007年05月05日 12:37
>弁慶さん
一応セクシーショットになるのかコレ!?
第二部のサブは少しいいヤツだ!

>PT零さん
確かに裸に近くなるにつれ難しいですね〜
(ギャグ等身なら問題ないけど)
んで、問題のシールドラインの問題ですが、
ぶっちゃけ設定知らなかった!
・・・あ〜、今調べたけどこんなの装備してたのか・・。

・・・まぁ、今回のはシールドライン突き破る程の
威力があったってことで1つ(^^;)
Posted by ケタ at 2007年05月05日 13:25
女性キャラだからこそできる許される展開ですよねぇ。こういうのは…。

しかし…アーシェラ。あんたも「人間じゃない」だろ(汗
Posted by えむ at 2007年05月06日 13:27
>エムさん
まぁたしかに、ケタじゃできねぇ展開だ・・・。
アーシュラは人どころか、人型ってのも、
疑問でそうだしなぁ・・。妖怪型?
Posted by ケタ at 2007年05月06日 23:31
始めまして
1部から楽しくROMさせていただいております(マテ
今回、第2章に入ったので初コメントしてみようとおもい書き込みさせていただきます
なんというかキャラの作りこみがすばらしいですね!
サブさんすごくいい感じです!
ナックルでアレだけ戦えるってことは
いずれアーシュラがSUVウェポンと称して・・・・(以下自粛


ショーもないことを口走りました
ごめんなさい

これからも、ぜひ公式と違った視点でのPSUストーリーを綴ってくださいまし〜
私的にはこういった展開が裏で行われていたって思うだけで
WkDkです:D
Posted by とーるおるてぃぜろ at 2007年05月07日 00:36
皆は、サブが見た目と「個人商店荒らし」の異名なしでも、十分強いと分かった瞬間であった――(ナレーション風)。

ミーナ、仮にもアジムは16歳だ。その格好は刺激が強すぎる(笑

アーシェラは人のこと言えるのかなあ……アーシェラは人間ですらないのに。
Posted by ガルバ at 2007年05月07日 18:39
>とーるおるてぃぜろさん
はじめまして!
長くこんな漫画読んでくれてて嬉しいですw
そしてコメントくれた事も・・・(^ω^)
これからもPSUの世界からはみ出ない程度に
オリジナルストーリーがんばりますぜ!

・・・しかし、最近サブ人気あるなぁ・・
「サブウエポン」ネタも覚えてくれてるしw


>ガルバさん
ナレーショントンクスw
目の前の女の子が上半身ブラだけだったら、
年齢関係なく刺激強いわな・・普通(−−;)
俺とかガン見する。
Posted by ケタ at 2007年05月08日 01:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40820602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。